芸術性と技術力

光りのプリズムを美しく捉え、こぼれるような輝きで魅了し続けるセンチュリーの時計は、画期的な技術と、新しいインスピレーションによって誕生しました。こうしてクラフトマンによって命が吹き込まれたセンチュリーの時計の秘密を解き明かしていきましょう。

 

唯一無二、そして永遠の素材

センチュリーの時計は、堅牢な素材でつくられています。その大部分を占めるサファイアケースは、非常に硬度が高く傷がつきにくいことが大きな特徴の一つです。鉱物の硬度を示すモース硬度では、ダイヤモンドが最も高いモース硬度10になりますが、サファイアはそれに次ぐモース硬度9になります。

また、センチュリーの時計は美しさ及び耐久性を備え、昼夜を問わず快適に着けられるという高い評価も得ています。

 

マイスターの技術

センチュリーの時計はサファイアケースに非常に繊細なカッティングが施されています。

これは熟練のクラフトマンが手作業でカッティング、研磨していき長い日数を費やします。この工程ではダイヤモンドカッターを使用しますが、非常に正確且つ高い技術力が求められます。このような美に限りない技術と伝統はセンチュリーの中で次世代へ渡り脈々と受け継がれていきます。

 

永遠の美と革新的な技術

センチュリーは、ブランド独自の技術を継承するために、「メガリス」と「モノリス」という構造の特許を取得しました。共にサファイア製の風防とケースを一体化させる画期的な技術はムーヴメントを埃や湿気から守り、非常に高い防水性を保持しています。このセンチュリーの真髄とも言える伝統と技術は、現在のセンチュリー製品に受け継がれています。こうして情熱に満ちたクラフトマン達により命を吹き込まれた時計は、時空を超えた永遠の美の世界に存在し続けます。